ヘルシーなスキンを維持できるライフを

ヘルシーなスキンを維持できるライフを

ヘルシーなスキンを維持できるライフを

美肌に必要な事は健康的な皮膚である事です。

 

ヘルシーなスキンを維持できるライフをおくっていきましょう。

 

 

ヘルシー

 

 

皮膚の健康を守るためには一番身近なのは美肌にいい食事を取る事でしょう。ここでは皮膚の健康にいい栄養素について見ていく事にしましょう。・ビタミンやミネラルが必要 ビタミンAが不足してしまうと、表皮の角層を厚みを増して乾燥肌や、サメ肌の状態になり細菌感染も起こしやすくなります。ですが、ビタミンAも過剰に摂るのは良くありません。

 

 

 

ビタミンEには酸化防止作用の他に皮膚の血流促進効果もあります。角層のトラブルを起こす原因になる皮脂の分泌を抑制するためには、脂質代謝に必要になるビタミンB2を積極的に摂りましょう。また、脂肪分解で活躍するビタミンB6も必要になります。ビタミンCはコラーゲン生成に役立ち、さらにはメラニン色素の変化を防ぐ作用もあります。また、鉄分の吸収を助けます。

 

 

亜鉛や鉄などのミネラル類は、皮膚の増殖や機能の維持に必要不可欠です。亜鉛の不足は日常的にも起こりやすくて、皮疹の悪化や口内炎、下炎、脱毛、爪の変形などが見られて傷の治りも遅くなる事があります。・動物性たんぱく質も必要 皮膚は皮脂によりコーティングされています。外傷や細菌から体を守る免疫機能、体内の必要以上の水分蒸発を防ぐ重要な役割を持っています。

 

 

角質細胞の合成は28日周期でされて、ターンオーバーを活発にしています。ですがこの角化が順調にされるためには、表皮の最下層で分裂活動をしている基底細胞に十分な栄養が運ばれないといけません。特に動物性タンパク質食品はケラチンの生成素材になる、含硫アミノ酸をたくさん含んでいます。ですから毎日摂るようにしましょう・美肌に欠かす事ができない水分補給 水分補給する事も美肌には必要になる事です。体のおよそ60%は水で構成されます。体液の働きは酸素や栄養素を組織に運んで、逆に組織からは老廃物を運び出す事です。また生命維持に必要になる酵素や電解質、ビタミンなどの各種化学伝達物質の溶媒であるなど体には欠かす事ができません。

 

 

皮膚にも必要不可欠です。特に高齢者の場合は皮膚の乾燥が良く見れます。乾燥肌は摩擦などの物理的な刺激に弱くて、皮膚が容易に傷を受けます。ですから水分補給は肌を守る上で重要なのです。美肌には食事からの栄養素は必要不可欠です。食事だけでは必要量取れない人はサプリを摂取する事も考えるようにしましょう。

 

 

アンチエイジングは勘違いをしている人が多い

 

 

「アンチエイジング」という言葉が使われ始めてからずいぶん経ちますが、まだまだ勘違いをしている人が多いようです。

 

 

アンチエイジングとは、加齢による体の衰えを感じさせないこと。要は、40代50代のミドルエイジでも、若々しい体で健康的な生活を送るということです。ときどきアンチエイジングを「若作り」と勘違いしている人がいて驚きます。ミニスカートを履いたり、髪を必要以上に茶色く染めたりすることはアンチエイジングではありません。ミニスカートでなく、パンツや保温性のある下着をつけることで下半身の冷えを防ぐ方がよっぽどアンチエイジングです。

 

 

髪の毛も抜け毛予防や乾燥を防ぐため、無駄な染色やパーマで負担をかけないことがアンチエイジングにつながります。見た目だけでなく、体内の健康も同じです。若い人が好むようなファストフードや栄養の偏った食事ばかりでは、40代50代の健康の維持は難しいでしょう。アンチエイジングを心掛ける場合、生活習慣のすべてに気を配り、若いころの習慣を見直す必要がありますが、とくに心掛けたいのがデトックスです。デトックスとは汗や尿、便により体にたまった老廃物(ごみ)を外に出すことです。老廃物を体にため込むとむくみや大人ニキビといった小さい症状から、糖尿病や心筋梗塞など大きな病気につながることもあります。

 

 

適量の水分を摂りカルシウムや食物繊維の豊富な食事を心掛ける、これだけでもデトックス効果がありますが、日々の生活に運動を取り入れて汗をかくことが大きなデトックス効果につながります。最近ではホットヨガなどが流行っていますね。他にも飲み物をホット中心にするだけで体温が上がり、ほんのり汗をかけますね。最近では、涙や溜息にもデトックス効果があると言われています。これはストレスが排出されるのですが、ストレスも病気の原因の1つです。このように体内の老廃物をためない様にすれば新陳代謝が活性化され、肌もきれいに整いますし、余分な脂肪も付きにくくなります。日々の生活を少しだけ見直して、本当のアンチエイジングを目指しましょう。

 

 

すっぽん小町

 


ホーム RSS購読 サイトマップ